未来のために、社会のために、できること

「底地基金」など、CSRにも当社らしいアイデアも

当社は、社会貢献という理念実現のひとつとして、CSR活動(社会貢献活動)を積極的に展開しています。
たとえば、チャリボン(古本の回収箱)を社内に設置したり、販売した底地の件数を寄付金額に反映させた「底地基金」を創設するなど、日常的に社員のCSRマインドを醸成しながら、寄付金活動を行う仕組みを構築。とくに次世代の社会を担う子どもたちの育成・支援に関わりたいとの想いから、「子どもの未来応援基金」「NPO法人キッズドア」「社会福祉法人日本点字図書館」などの団体に寄付を行っています。

障がい者支援を通じて、社会に役立つ企業活動を展開

障がい者団体からの購買支援活動も積極的に実施しています。スワン・ベーカリーという団体からは障がい者の皆様が作ったパンを社内で販売、ショコラボからは障がい者の皆様が作ったお菓子などを取り寄せ、来訪者様にお茶菓子として提供しています。さらに、障がい者が入居できる賃貸物件を提供する障がい者自立支援事業を展開しています。
また、障がい者競技者の採用を通じて障がい者競技の支援活動も展開するほか、社内報によりCSRの活動意義の普及に努めるなど、会社全体で社会貢献への取り組みを行っています。